きんたまぶらり旅 2014-2015 [2日目]

2015.1.1

広島ー宮島口

2015年になりました。正月くらいゆっくりしたい……。そんな気持ちになるくらいなら、はなから旅行などしなければよいのです。

という事で、凄く眠いなか2時過ぎにインターネットカフェを退転。滞在時間は4時間程度で寝たのは1、2時間だったと思いますが、睡眠だけは前日に車中でたっぶり取ってあるので、気合を入れ直してIngressやりつつ、広島駅に歩いて向かいます。

写真:広島駅地下街。誰もいません

大晦日から元旦にかけ、広島ー岩国間を往復する厳島神社初詣用の臨時列車が出ています。普通なら始発を待たなければならない青春18きっぷの旅も、これを利用すれば幾分旅行の選択が広がるということで、深夜3時発の便に乗りました。

写真:岩国行き臨時列車。厳島神社を参拝するには宮島口で降車

宮島口駅を出ると、雪が降っていました。雨雲レーダーで調べたところ、当分止みそうにありません。仕方なく駅前のコンビニでビニール傘を購入。ここで買っておかないと、向こうに渡ってからどこかで傘を購入する事は至難の業のような気がしたからです。そしてその予感は的中しました。

写真:JR宮島行きフェリー乗り場。このフェリーには青春18きっぷで乗ることが出来る

寒いわ風強いわ雪降ってるわで、乗船したフェリーでは誰もデッキへ出ようとはしません。暖房の効いた客室で、船が着くのをしばらく待ちます。

宮島に着くと、一路厳島神社を目指して歩きました。夜中の3時という事もあって、営業しているのは露店かお土産屋さんくらいのもの。個人的には数年前にここで食べた焼き牡蠣・生牡蠣で一杯やりたかったのですが、扱っている店には値段が出ていないし、宮島に出ている普通のお店なら3個450円とかの牡蠣を、例えば1個500円とかでぼったくられて笑っていられるほどの予算もないので、今回は我慢する事にしました。

写真:大鳥居。わかりづらいが、かなり吹雪いている。

参拝料300円を払い、厳島神社本殿へと入ります。初詣記念ということなのか、羊のイラストの焼き印が入ったしゃもじをもらいました。境内で200円で売っている「しゃもじ(小)」ものと同じ品でしたから、これはお得です。

写真:厳島神社本殿回廊

本殿から大鳥居を眺める雪景色が綺麗だったので、しばらくその場所で写真を撮ったりしました。しかしこの雪、屋根があるところで眺める分は良いものの、ここを出て移動する最中に降ってくるとなるとまた邪魔な存在になります。そう思うとちょっとだけ気が滅入りますが、気を取り直してIngressでポータルダッシュ&CF作成。

写真:ほとんどの店が閉まっていた

当初の計画では今日ここのロープウェーに乗り、山の上から初日の出を眺めるはずだったのですが、この天候では難しいと考えました。ロープウェーの元旦営業は5時より運行とのことでしたが、それでも日の出までに2時間以上あるし、何よりお金がもったいないと思ったので取り止めました。となるとここから出雲大社に向かう事になるのですが、ロープウェーに充てた時間をキャンセルすることで一本早い電車に乗れるかもしれません。ネットで再検索したところ、今から向かえば予定より2時間ほど早く到着することが出来そうだったので、宮島口へ戻る事に決めました。

写真:宮島口のトイレ。鹿が入ってくるのを防ぐ扉が設置されていた

写真:宮島口行きのフェリーに乗船

倉敷ー新見ー米子ー出雲市

当初、出雲市までのルートは三次線経由を予定していたのですが、ルート検索によると倉敷まで出て米子から向かった方が良いとのこと。出雲市に寄った後は米子に行くつもりなので、同じ路線を往復するのはちょっと嫌だなと思いながらも、自由に行動できる時間が増える事を重視してそのルートで向かう事にしました。

写真:宮島口より出雲市へ向かう

写真:夜が明けてきた

写真:いい天気になったかと思いきや

写真:また雪景色

写真:新見駅ホーム

写真:雪景色の中を進む

新見の乗り継ぎはスムーズに出来たものの、出発してすぐ2駅くらい進んだところで急行待ち+信号待ち。なかなか進めないこの状況を考えると、所要時間の短いこちらのルートに変更したのは正解かもしれません。最悪本日中に出雲市まで辿り着けなくても、米子経由であれば急行が停車する駅の近くにはネカフェはありますからね。

写真:米子駅。これから出雲市へ

写真:遠くの方で絶賛降雪中なのが確認できる。雲が低く感じる

米子から出雲市行きの列車も計1時間以上の反対方面列車到着待ちや信号待ちがあり、結局出雲市に着いたのは3時間後でした。当初考えていた到着時間とそれほど変わらない結果となりましたが、しかしこの雪がそれに影響していたら、ここへ着いたのはさらに遅れていたと考えると、新見からのルートは結果オーライでした。

電鉄出雲市ー出雲大社前

ここまで来たら絶対参拝する、という意気込みで、出雲市から出雲大社へ一畑電鉄で向かいます。

写真:電鉄出雲市ホーム。これから出雲大社へ

雪の中向かった出雲大社、辺りはすっかり暗くなっていましたが、参道にはぼんやりと照明が灯っています。そのわずかばかりの灯りを頼りに出雲大社御本殿へ。ライトアップされたその姿は黄金と見間違うばかりに輝いていて、荘厳でした(中には入れないため、実際はほとんど見えませんが)。

写真:出雲大社御本殿八足門前

参拝したあとはIngress。因幡の白兎ポータルをバースターで焼くのは少々気が引けますが、それもこれも(Ingress内における)世界平和のため。大社周辺を一通りに青くしました(次の日にすべて緑に取り返されましたが)。

写真:参道。神秘的

出雲大社前ー川床ー電鉄出雲市

参拝後は前回来た時に行きそびれたスポットである旧大社駅まで歩き、ポータルを奪取してから電鉄出雲市駅へ。丁度電車が出るところだったので、改札の駅員さんに「降りる時に清算してください」と渡された清算券を片手に飛び乗ります。出雲市行きではなかったので、途中川床駅で乗り換え。

写真:川床駅。ここから電鉄出雲市行きへ乗り換える

写真:出雲市駅。雪は降ったりやんだり

事前にチェックしていた駅のすぐ隣にあるスーパー銭湯「らんぷの湯」に行き、入浴。特によかったのが、1人用の露天風呂。木造りの長細い浴槽が3つ用意されています。雪が降る中でのこの入浴体験は最高でした。

写真:出雲市駅前「らんぷの湯」入口

風呂を出て脱衣場で髪を乾かし、さて移動、と思ったところでトラブル発生。カゴに入れていたはずのズボンが無くなっているのです。その他一式はあるのになぁ、と思っていたのですが、その脱衣場にはのぼせて床に寝ているお客さんが1人いました。その人の様子を係の人が来た際に尋ねたところ、のぼせて倒れた際にぼくの衣類が入ったカゴも一緒に床に落としてしまったかもしれない、との事。調べてもらうとありました、僕のズボン。こんな見ず知らずの土地でパンツ一丁になるかもしれなかったなんて、今思い出しても笑える話です。

体がサッパリすると、今度は空腹に気付きます。ところが温泉併設のお食事処はお正月休み。仕方なく店を出るとその隣は回転寿司屋。寿司……うーん、高くつくのはイヤダナーと思いながらも入ってみると、ほとんどのお皿が100円。100円で食べられたお寿司に良い思い出はあまりなかったのですが、食べてみると……100円にしては、うっ美味い!! 。考えてみればここは日本海のすぐそばだし、都心と比べたら賃借料も人件費もだいぶ安いはずで、それが寿司の原価に反映されているのかなと思う程度に美味い。入って10分でラストオーダーという事で矢継ぎ早に注文してしまったけれど、時間があったらもう少しネタを吟味して食べたかったなーという満足度。沢山食べて冷酒も一本呑んでお会計なんと1500円ちょっと!! や、安い!! 素晴らしい!!

出雲市ー米子ー富士見町

満足して回転寿司店を出ましたが、これからまた米子までの移動で1時間ちょっとかかります。胃の満腹度に対して酔い的にちょっと呑み足りなかったので目に入ったコンビニでチューハイを買い、歩き呑みしながら出雲市駅へ。ホームでは雪で遅れていた一本前の電車がちょうど出るところだったので、あわてて飛び乗りました。これに乗れなければ、また30分以上待たなければいけないところでした。

一本早い電車だったこともあり、米子に着いてから境線の最終電車に乗れました。今晩泊まる予定のインターネットカフェ最寄り駅となる富士見町まで乗り、雪の中10分ほど歩いて無事入店できました。どうやらここで6時間ほどは眠れそうです。

写真:積雪が既に10cm以上ある中、雪を踏みしめネカフェに向かう

写真:インターネットカフェへ無事到着。ソフトクリーム食べ放題なのが良かった

改めてこの日を振り返ると、大雪という気象条件の中、乗り継ぎに関しては非常にラッキーなことが重なって良かったと思えた一日でした。

【2日目の移動ルート】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください