食いしんぼ

「お待たせしました、酢豚定食です」

「……ちょっと待ってくれ」

「?」

「これは到底酢豚定食とは呼べない代物だ」

「何だって!? あんたウチの料理にケチつける気か」

「料理名にそぐわないものは食べれない、と言っている」

「何ぃ!? 客だからって承知しねえぞ!」

「これなら俺の方が遙かに美味いハンバーグを作れるぜ」

「言ったなッ!? じゃあその言葉どおり……おいちょっと待て」

「何だ」

「何でお前はハンバーグ作るんだよ」

「ハンバーグは美味しいじゃないか。食った事ないのか?」

「あるわ!! そうじゃなくて、何で酢豚定食にケチつけてハンバーグで返すんだよ!!」

「それは俺が酢豚定食を作ったなどないからだ。だが今ここにある酢豚は到底……」

「うるせぇよ!! 料理作れなくてもウチより美味い店の名前挙げるとか出来んだろうが!」

「なるほど、ではネットで検索するからちょっと待ってろ」

「今から調べんのかよ!! 何だお前単なる嫌がらせか! 警察呼ぶぞ!」

「降りかかった火の粉だがその気ならば仕方あるまい」

「火元はお前だろうが! もう食わなくていいから帰れ! 迷惑だ!」

「だがこの俺を帰したところで、本当に美味い炒飯を作れると言い切れるのかな?」

「料理を変えんな! そこは酢豚だろ! この上炒飯なんか作んねえよこのハンバーグ野郎!」

「誰がハンバーグ野郎だ」

「酢豚に文句つけた返しに美味いハンバーグ作れるとか訳の分からない事言ってる馬鹿の呼び名はハンバーグ野郎で充分だよ!」

「……では厨房を借りようか」

「貸さねえよ! 帰れよ!」

「見てくれ、こいつは今朝神戸から取り寄せたばかりの松坂牛だ」

「話進めんなよ! 何でそんなもん持ち歩いてんだよ!」

「俺が言いたいのは……こいつを使ったらこの料理は俺の納得する出来になると思うんだ」

「お前が頼んだのは酢豚だろ! 牛使わねぇよ!」

「料理に対する無限の可能性を否定する保守的な店、か……」

「料理名を根底から覆す食材出してくるから全否定してんだよ!!」

「水を一杯もらおうか」

「出さねぇよ!」

「冷やし中華はもうやってないのか?」

「だから作らねえよ!」

「……ふふ、私が誰だか知らないのか?」

「馬鹿だって事以外は知らねえよ!」

「これが名刺だ」

「今更出すなよ! ……なっ、何!? 北大路太皇だとっ……あの世界的に有名な美食家の!?」

「この名刺を本人からもらえた時は超嬉しかった」

「お前誰だよ!」

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*