【朗報】ついにトゥィンキーを食った

【注】このエントリには映画「ゾンビランド」のネタバレが含まれています。

きみは「トゥインキー」を知っているか。世界で一番信頼できる情報ディクショナリーであるWikipediaにはこうある。

トゥインキー (Twinkie) はホステス社によって開発され、カンザスシティを本拠とするインターステート・ベーカリーズの子会社のコンチネンタル・ベーキング社によって製造されている、クリーム状のフィリングの入った金色のスポンジケーキである。

イエス、イッツお菓子。パッケージはこんな感じだ。

残念ながら国内では販売されていないのだが、このお菓子は日本の映画ファンのあいだでは「一度は食べてみたいお菓子」の筆頭に挙げられる知名度があるのだ。

例えば「ゴーストバスターズ」では、

これからニューヨークに襲撃してくるお化けの解説シーンで使われ、

「ダイハード」とその続編の「ダイハード2」では、

主人公を助ける警官がどっさり買い込んでいたり(1作目)、

電話をかけながらモグモグと食べていたりする(2作目)。

アニメにおいても「アイアンジャイアント」では主人公の少年が、

トゥインキーに缶入り生クリームを注入してさらに甘くして食べてるし、

ピクサーの「ウォーリー」では、

「腐らないお菓子」というジョークを引用するかたちで
ウォーリーがトゥインキー
(この作品では「クリーミー」という名前になっている)
をゴキブリのエサとして与える。

あの、ブラッド・ピットも

「マネーボール」で食べているのだ。

そして、数ある映画の中でも断トツでトゥインキー欲が沸くのが、

「ゾンビランド」だ!!

この映画では、主人公と行動を共にする仲間の一人であるタラハシーが、メーカーの輸送トラックやスーパーを見つけるたび、他のものには目もくれずにトゥインキーを探す。それほど食べたがっているお菓子として描かれている。

本作を鑑賞後、「何だか知らないがこのお菓子食べてみたい!!」となることうけあいなのだが、前述の通り日本では販売されていない。例外として米軍基地内のスーパーなどで購入できるらしいが、一般人は基地内へ立ち入ることが出来ないので事実上入手困難である。年に一、二度の割合で日本人向けに基地内が一般公開されることがあるが、スーパーのある区画は立ち入り禁止エリアとなっており、出ている露店にも売られていない。それを何故知っているのかというと、実際に横須賀基地の一般公開日に出かけて探し回ったからだ、二度も(ひょっとしたらどこかで売っていたのかもしれないが)。

一年前くらいから、日本のamazonで並行輸入業者がトゥインキーを販売するようになったが、その時は送料が7,000円くらいして手が出なかった。元の価格は1個50円くらいだから、気軽に食べる雰囲気でもなくなってしまう。

ところが最近、1箱980円、送料500円の計1480円で購入できる業者を見つけたので、まずは1箱買ってどんな味か確認する事にしてみた。

注文から到着までは三週間弱かかった。1箱とはいえしっかりした梱包がされていて、段ボールの中はエアー緩衝剤に守られたトゥインキーが、箱が濡れないようにジップロックのような袋に包まれて入っていた。

ジャジャーン!! 憧れのトゥインキーとのご対面だ!!

全部で10個入り。1つの大きさは「東京ばな奈」くらい。

よーしそれじゃあ「ゾンビランド」観るぞ!!

主人公はゾンビのいない地域へ逃げるため、タラハシーの乗る車に同乗する。

タラハシーはゾンビの世界となったこのアメリカで、
残されたトゥインキーを探していた。
メーカーであるホステス社の輸送トラックを見つけたものの……

中に入ってたのは同社の別製品「スノーボール」。
「トゥインキーはどこだよ!!」とキレるタラハシーの隣りで
スノーボールを食べる主人公。ココナッツが嫌いで
タラハシーは食べたくないらしい。トゥインキーでなければダメなのだ。

ー 中略 ー

ふたりは道中出会った姉妹と一緒にハリウッドにある
ビル・マーレィの自宅にやってきた。
そのホームシアターで「ゴーストバスターズ」を鑑賞する。
映っているのは劇中トゥインキーが登場するシーン。

ー 中略 ー

そしてついに見つけた「揚げトゥインキー」の売店!!

しかし、トゥインキーはカウンターに置いて無かった!!
倉庫にあった在庫は間違って散弾銃で撃ってぐちゃぐちゃにしちゃった!!

だがしかしそのエンディング、
ついにタラハシーはトゥインキーを手にいれた!!

そのタイミングで、観ていた俺もトゥィンキーを手に取るわけですよ!!

ゾンビランドのルール32、「小さなことを楽しむ」

RULE ♯32 ENJOY THE LITTLE THINGS!!

ああーこの匂いー!! ってことで俺も袋から出して

食べたのだァーーーーーー!!!!

お味は……

うっ、美味いーーーーー!!!!

(体験者の感想です)

という訳で、ぼくのトゥインキー初体験は終わった。お菓子としては明らかに高いが、こと「ゾンビランド」鑑賞時においてはその感動を何倍にも膨らませるナイススナックだ。

ただしクリームの粘着具合はハンドクリームに近く、あとに残る。甘さも人によっては耐えられないかもしれない。個人的な線引きとしては、「スニッカーズ平気で食べられる人なら大丈夫」な程度の甘さだと言っておこう。

SNSに書いたら映画好きの友人で食べたいという人がいたので、半分ほどおすそわけした。個人的にはとてもおいしかったのでまた注文したい。食べたことない人集めて「ゾンビランド鑑賞会」開きたいな、とも思った。

こちらはきんたま画伯、ゾンビランドからお送りしました、おやすみなさい。

———–

【おまけ】

トゥインキーの代用品となるお菓子は無いかと思い、ググッたら「ロッテのカスタードケーキみたい」という感想があったので買ってみた。

9個もいらないんだけど、これしか売ってなかったので……

それぞれ取り出してみた。色はカスタードケーキのほうが濃いが、トゥインキーの方が硬い。ふわふわ感でいえばカスタードケーキの勝ちだが、お菓子選手権ではないのでそこは求めていない。

食べてみた。味も全然違う。個人的には断然トゥインキーの方が好きだし、残念ながらゾンビランドにおけるトゥインキー欲を満たすお菓子として、カスタードケーキは代用品たりえない。

そういう訳で、今後とも「ゾンビランド」を観る際にはトゥインキーを準備しようと思う。その準備には三週間ほどかかる訳だが、それをもって余るほどの満足感を得る事が出来るのであるから苦にならない。

トゥインキー好きに仕掛けられたイタズラ。
こんな事されてみたいぜ!!

追記:

今年の米軍横田基地友好祭に行ったら、揚げトゥインキー売ってて、しかもトゥィンキーがそこで箱売りされてました!! 1箱500円だったので4箱買ったら、屋台のマスターがボンってもう1箱乗っけて”1 for free!! (1箱おまけ!!)”って言ってくれてもう最高。入れる袋は無いとのことで、使ってないゴミ袋もらってそれに入れて持ち帰りました。来年はエコバックかなんか持参で行こう。
揚げトゥインキーもめちゃくちゃ美味かったよ、俺的には!! (左は揚げオレオ)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください